【第2回】福永幸海、ライブ活動についてインタビュー!

12月16日に、本人も念願だった1stイメージDVDの発売を記念して行っている福永幸海さんへのインタビュー企画。今回は、グラビア活動と並行して行っているライブ活動についてうかがってみた。

デビューのきっかけから初のライブでのこと、思い入れの強い楽曲など、これまでのことを振り返りつつ、今後の目標についても話を聞いている。

 
──現在されているライブ活動についてもお伺いしたいのですが、はじめたきっかけは何だったのでしょうか?
福永:きっかけは、以前グラビアの事務所に所属していたんですけど、元々歌をうたうことがすごく好きで、グラビアの事務所はスカウトで入ったんですけど、歌もうたいたくて、その事務所の契約が終わったときに、一人でライブ活動も始めたいなと思って、ライブ会場の店長さんに「わたしも歌いたいです!」って直撃して、そこから始まりました。

──直談判だったんですね。
福永:はい(笑)

──それで始められたとのことですが、そこから今までのライブで印象に残っているライブってありますか?
福永:最初に直撃しに行った会場が、『六本木 Morph-Tokyo』さんだったんですけど、最初はそこに月1回出ているだけだったんですけど、だんだんそのライブを見て、他の方に声をかけていただけるようになって、ワンマンライブも出来るようになって、2014年に『渋谷スターラウンジ』さんではじめてワンマンライブをしたんですけど、いきなりチケットがSOLD OUTしたんですよ。

──おぉ!
福永:それで翌年の2015年も『渋谷club asia』でSOLD OUTになって……。ワンマンライブはいつも自分の誕生日の近くでバースデーワンマンという形で毎年1年に1度やってきたので、やっぱりワンマンライブはとても思い入れが強いです。あと、最初に直撃してデビューしたライブは残ってますね。

──では、ご自身の歌で思い入れが強い楽曲はなんですか?
福永:思い入れが強いのは、やっぱり一番最初に唯一CD化されている曲があって、それが一応1stシングルということで『I☆Mai☆Me☆ダーリン』っていう曲なんですけど、それがやっぱりずっと歌ってきて代表曲みたいな感じなので一番思い入れが強いですね。

──なるほど。では、そのライブ活動での今後の目標を教えてください。
福永:次のワンマンライブはもっと大きな会場でやりたいなっていうのが今の目標です。あと、TIF(「TOKYO IDOL FESTIVAL」)とか、わたしがライブを始める前からヲタ活しに行ってた場所でもあるので、来年こそは出演したいなと思ってます!

──それでは、今回グラビア活動のうえで念願だったDVDを発売されましたが、もし次のDVDがあるとしたら、こんな作品にしてみたいっていうものはありますか?
福永:今回1stで、結構私自身も余裕がなかったというか、出せたことで必死だったので、次はもうちょっといろいろな見せ方や表情を勉強して、もっと良い作品に仕上げられたらなと思います!

 
次回は、今回福永幸海さんへの取材の際に撮影した写真特集。福永さんのパーソナルな一面も分かる一問一答のインタビューも掲載予定。

 

商品情報

福永幸海『First Sachimizu』
【数量限定】First Sachimizu/福永幸海

 

関連リンク

福永幸海Twitter
福永幸海オフィシャルブログ